70歳現役バックパッカー世界一人旅  写真日記

こんにちは〜コロナ禍で旅にも出られずヒマなのでブログを始めました。現在から1970年代 (沢木耕太郎の深夜特急の時代) まで遡ろうと思います。暇があったらのぞいてください。

(5)🇳🇵ネパール カトマンズ 秋の大祭インドラ祭 生き神クマリの写真が撮れた‼ けど、、、

今回の旅は2019/9/3〜2020/8/3の11ヶ月間で、ネパール3ヶ月➡バングラデシュ1ヶ月➡インド2ヶ月➡ネパール5ヶ月(ブログ2「ロックダウンに捕まった」)でした。

2019/9/3 13:55関空発 カトマンズ行 ネパール航空直行便
f:id:Seita75851833:20210206112717j:image

  その後関空発着は無くなり、成田になりました。

18:00 雨のカトマンズ着 飛行時間7時間20分 時差3時間15分
f:id:Seita75851833:20210206112746j:image

42年ぶりのネパールです。アライバルビザ3ヶ月125US$(1ヶ月50US$)  空港から 旅行者が多く集まるタメル地区までのタクシー料金は空港内カウンターで700ネパールルピー(約700円)、空港の建物を出ると客引きがいて400〜500ルピー、環状道路まで出るとバスが走っていて20ルピー。頑張れば徒歩も可能です。

カトマンズの標高は1330mなので涼しいかな、と思っていましたが、昼間の暑さは大阪とあまり変わりません。🙀 夜間は少し涼しくなりますが、蚊もいます。車やバイクが多くなり、排気ガスで空気が悪くなりました。繁華街ではコロナ前からマスクをつけている人が多くいました。

 

カトマンズ散歩  スワヤンブナート寺院(ネパール最古の仏教寺院)
f:id:Seita75851833:20210207102951j:image
カトマンズの歴史地区 ダルバール広場
f:id:Seita75851833:20210207103203j:image
f:id:Seita75851833:20210213142916j:image
恐怖の神カーラバイラヴ像(シヴァ神の化身)
f:id:Seita75851833:20210208152601j:image
f:id:Seita75851833:20210208152632j:image
f:id:Seita75851833:20210213142951j:image

旧市街 バザール
f:id:Seita75851833:20210208162126j:image
f:id:Seita75851833:20210207103457j:image
f:id:Seita75851833:20210207103523j:image
f:id:Seita75851833:20210213143243j:image
f:id:Seita75851833:20210214122601j:image
地震の跡 つっかい棒
f:id:Seita75851833:20210208162205j:image
f:id:Seita75851833:20210213143303j:image
タメル地区のカテシンブーストゥーパ(仏塔) 
f:id:Seita75851833:20210208161627j:image 

インドラチョークのアカシュバイラヴ寺院
f:id:Seita75851833:20210214120013j:image
切手になった木彫りの窓
f:id:Seita75851833:20210208163042j:image
 

そして、カトマンズの秋の大祭 インドラ祭(インドラ・ジャトラ)が始まりました。

インドラ祭はカトマンズのみで、8日間行なわれます。神々の王インドラの祭ですが、内容は複雑で街中で様々な催し物が行なわれます。メインは生き神クマリの山車巡行です。

 

9月10日 初日 ダルバール広場で巨大な松の神柱が立てられます。
f:id:Seita75851833:20210206114936j:image
f:id:Seita75851833:20210206115020j:image
f:id:Seita75851833:20210206115119j:image
f:id:Seita75851833:20210206115314j:image
f:id:Seita75851833:20210206115350j:image
 前日に神柱のてっぺんにお祈り。
f:id:Seita75851833:20210206120517j:image
 立てられた神柱の根元でお祈り。

9月12日 ダルバール広場で バイラヴ面(シヴァ神の化身)の開帳 
f:id:Seita75851833:20210206115834j:image
f:id:Seita75851833:20210213143504j:image

インドラチョークでも出現   
f:id:Seita75851833:20210206120154j:image 
f:id:Seita75851833:20210206120430j:image

 

9月13日 今日からクマリの山車巡行があるとの情報で、ダルバール広場へ行ったらいっぱいの人で思うように動けず。適当な場所で長く待っていましたが現れませんでした。

 あらかじめ巡行ルートの確認が必要でした。

セレモニーはありました。
f:id:Seita75851833:20210213143838j:image
f:id:Seita75851833:20210213151228j:image

 ぬいぐるみはガネーシャ(ヒンズー教の象の神様)

f:id:Seita75851833:20210213144016j:image
 赤鬼?
f:id:Seita75851833:20210208153637j:image
f:id:Seita75851833:20210208153833j:image

f:id:Seita75851833:20210208155455j:image
f:id:Seita75851833:20210208154040j:image
 色々な食品で山のように盛られたお供え物。街のあちこちに作られています。 山の頂上は魚です。
f:id:Seita75851833:20210208162355j:image
 お祭りの日のご馳走は ヤギ‼

9月14日正午 ダルバール広場のバイラヴ面の前で、ヤギの生贄の儀式 😨 ヤギの頭のすぐ横で少女が平気で信者の対応をしています。😓 慣れでしょうか?
f:id:Seita75851833:20210207111633j:image
f:id:Seita75851833:20210208154549j:image
f:id:Seita75851833:20210208154621j:image
f:id:Seita75851833:20210206122051j:image
f:id:Seita75851833:20210208154445j:image
f:id:Seita75851833:20210208154512j:image
f:id:Seita75851833:20210213144051j:image
 鼻の下にヤギの尻尾

その夜 仮面踊りと生き神クマリの山車巡行がありました。
f:id:Seita75851833:20210207104247j:image
f:id:Seita75851833:20210207104331j:image
f:id:Seita75851833:20210207104352j:image
f:id:Seita75851833:20210208154724j:image
f:id:Seita75851833:20210208154831j:image
f:id:Seita75851833:20210208154859j:image
f:id:Seita75851833:20210207104457j:image


生き神クマリの山車巡行 3台の山車がクマリの館を出発して北(タメル地区方面)に向かい300m位で右折、そしてアサンチョークを回って館に戻るルートのようです。(私の想像ですが) たまたま大勢の人が集まっている処(仮面踊り)にいたら山車がやって来ました。
f:id:Seita75851833:20210213151410j:image
f:id:Seita75851833:20210213151449j:image
f:id:Seita75851833:20210213151527j:image
f:id:Seita75851833:20210213151555j:image
f:id:Seita75851833:20210213151620j:image
f:id:Seita75851833:20210213151659j:image
f:id:Seita75851833:20210213151748j:image

クマリの写真が撮れたと喜んでいましたが、ホテルスタッフに確認するとオールドクマリでした。

大人のクマリです。クマリは何人か存在していて神職とのことです。3台の山車のうちのひとつに本物のクマリ(幼女のクマリ)が乗っているはずですが、今日はよく分からず。

9月15、16日は静かに過ぎました。
民族楽器の演奏会
f:id:Seita75851833:20210208160232j:image
街の太鼓屋


f:id:Seita75851833:20210213150603j:image

仮面行列
f:id:Seita75851833:20210208160335j:image
f:id:Seita75851833:20210208160448j:image
f:id:Seita75851833:20210213144526j:image

9月17日 最終日 夜に最後(3回目)の 生き神クマリの山車巡行があり、やっと本物のクマリ(幼女の生き神)に会えました。🙆が、見物人が多く、場所を確保するのに精一杯でした。😣 コンパクトカメラでの夜の撮影は難しかったです。
f:id:Seita75851833:20210213151955j:image
f:id:Seita75851833:20210213152019j:image
f:id:Seita75851833:20210213152105j:image
f:id:Seita75851833:20210213152142j:image
f:id:Seita75851833:20210213152207j:image
f:id:Seita75851833:20210213152230j:image

クマリの山車
f:id:Seita75851833:20210207105701j:image
f:id:Seita75851833:20210213144608j:image
クマリの館の前
f:id:Seita75851833:20210207105325j:image

街に飾ってあったクマリの写真です。
f:id:Seita75851833:20210213144634j:image

 

街なかでのセレモニー
f:id:Seita75851833:20210207105051j:image
f:id:Seita75851833:20210213144908j:image

f:id:Seita75851833:20210207105924j:image
 ガネーシャ(ヒンズー教の象の神様)
f:id:Seita75851833:20210207104539j:image
 見物のサドゥ(インドの修業者)?
f:id:Seita75851833:20210208161944j:image
f:id:Seita75851833:20210208162004j:image
f:id:Seita75851833:20210206121039j:image
f:id:Seita75851833:20210208161345j:image

小さなお寺で行なわれていたセレモニー 七五三?

f:id:Seita75851833:20210207105813j:image
f:id:Seita75851833:20210207105840j:image

川辺りでの礼拝
f:id:Seita75851833:20210208161830j:image
f:id:Seita75851833:20210208161847j:image

 

次回はカトマンズの祭第2弾 光とアートの祭ティハールです。犬がお化粧?‼

ありがとうございました