70歳現役バックパッカー世界一人旅  写真日記

こんにちは〜コロナ禍で旅にも出られずヒマなのでブログを始めました。現在から1970年代 (沢木耕太郎の深夜特急の時代) まで遡ろうと思います。暇があったらのぞいてください。

(13)🇧🇩バングラデシュの地方 第二弾 水と混沌と静かな村

2019年12月12日 バングラデシュ・中西部・ラジシャヒ管区・ジョエプルハットから、南東に少し行った同じ管区内のボグラへ。バスで2時間です。

 

地球の歩き方」に載っている安宿「ボグラ・ボーディング」へ行ったら満室😢 仕方なく近くの「アミール・ゲストハウス」へ。

言い値700タカを値切って500タカに(少し古い「歩き方」には500タカとなっていたので) 建物は新しいですが部屋はイマイチ。

アラブ式トイレ 水シャワー 蚊帳付🙂

 

ボグラはあまり大きくはないですが賑やかな街です。

またまた道路は大混雑!!!
f:id:Seita75851833:20210610152133j:image

   中心部のシャットマタ(7つの道の交差点)

 

f:id:Seita75851833:20210610152209j:image


f:id:Seita75851833:20210610152247j:image

   

f:id:Seita75851833:20210610152331j:image


f:id:Seita75851833:20210617152946j:image

 

鉄道線路も大混雑!!!

線路の両側が商店になっていて線路上は通路です。
f:id:Seita75851833:20210610152839j:image


f:id:Seita75851833:20210610152909j:image

 

遮断器が降りて列車が来ました。
f:id:Seita75851833:20210610153007j:image

 

列車が通過します。
f:id:Seita75851833:20210610153044j:image


f:id:Seita75851833:20210617153026j:image

f:id:Seita75851833:20210610153104j:image

 

通り過ぎました。
f:id:Seita75851833:20210610153141j:image

 

すぐに元通りの混雑です。
f:id:Seita75851833:20210610153215j:image


f:id:Seita75851833:20210610153235j:image

 

ボグラ市内
f:id:Seita75851833:20210610153329j:image


f:id:Seita75851833:20210610153358j:image


f:id:Seita75851833:20210610153456j:image


f:id:Seita75851833:20210610153537j:image

  ラジシャヒ管区ではよく素焼きの土器でヨーグルト(ドイ)

  を売っています。カスタードクリーム位のかたさで味はこってり

  でした。写真は小で20タカ(26円) 洗面器大もあります。

 

翌日、ボグラ郊外にあるバングラデシュ最古の都市遺跡モハスタンへ。紀元前3世紀頃から興り、仏教、ヒンドゥー教も信仰されていたそうです。 広大な遺跡群で、力車やオート力車をチャーターしてまわるのが良いようです。

私は城壁の上を歩いたり、近くの村を散策しただけでした。博物館と一部の遺跡だけが有料です。
f:id:Seita75851833:20210610154759j:image


f:id:Seita75851833:20210610154829j:image


f:id:Seita75851833:20210610154900j:image


f:id:Seita75851833:20210610155024j:image

   デートスポットにもなっています。


f:id:Seita75851833:20210610155211j:image


f:id:Seita75851833:20210610155320j:image

   遺跡は洗濯物でいっぱい。 


f:id:Seita75851833:20210610155506j:image


f:id:Seita75851833:20210610155603j:image

 

遺跡内の村
f:id:Seita75851833:20210610160217j:image


f:id:Seita75851833:20210610160308j:image


f:id:Seita75851833:20210610160347j:image


f:id:Seita75851833:20210610160448j:image

 

村では小さなお祭りか、または金曜日(イスラム教の休日)のリクリエーションのような雰囲気でした。
f:id:Seita75851833:20210610160614j:image

 

村人が集まって話を聴いています。吟遊詩人?語りべ?
f:id:Seita75851833:20210610160836j:image


f:id:Seita75851833:20210610160917j:image


f:id:Seita75851833:20210610160945j:image


f:id:Seita75851833:20210610161009j:image

 

12月14日 バスで4時間の同じラジシャヒ管区・ラジシャヒへ。

宿は「地球の歩き方」で「Hotel Asia エイジア」

シングル400タカ(520円)😉 バングラデシュで一番安かった宿でした。 トイレ 水シャワー 蚊帳付  WiFiなし

部屋は小綺麗でスタッフは親切 夜になると近くに屋台が多く出ます。

 

ラジシャヒはガンジス川(バングラでボッタ川)のほとりにあります。対岸はインドです。

ヒマラヤで発したガンジス川はインドを流れて来てラジシャヒ近くでバングラデシュに入ります。そしてしばらくしてチベットから流れて来た大河ブラフマプトラ川(バングラでジョムナ川)と合流します。そして広大なデルタをつくりながらベンガル湾に流れ出ます。雨期には広大な地域が氾濫するそうです。 
f:id:Seita75851833:20210614152426j:image

f:id:Seita75851833:20210610161324j:image


f:id:Seita75851833:20210610161355j:image


f:id:Seita75851833:20210610161538j:image

   渡し船 家畜も乗せます。観光船もありました。


f:id:Seita75851833:20210610161658j:image

 

f:id:Seita75851833:20210610161800j:image

 

ラジシャヒ市内 ここも混雑。
f:id:Seita75851833:20210610162043j:image

 

f:id:Seita75851833:20210610162249j:image

 

f:id:Seita75851833:20210610162208j:image
   朝の力車、オート力車。今の時期、朝は寒いので厚着です。

   私も三枚着込みました。

 

f:id:Seita75851833:20210610162820j:image


f:id:Seita75851833:20210610162917j:image


f:id:Seita75851833:20210610162946j:image

 

f:id:Seita75851833:20210610163008j:image

f:id:Seita75851833:20210610163156j:image

   歩道には木がいっぱい。 


f:id:Seita75851833:20210610163243j:image

   照り焼きチキン定食 100タカ(130円) 日本風の味つけで

   美味しかったです。

 

ラジシャヒの東25kmのところにある、池とヒンドゥー寺院群が美しい村プティアへ。
f:id:Seita75851833:20210611144428j:image


f:id:Seita75851833:20210611144524j:image
   シヴァ寺院 バス停から来ると最初に目に入ります。

   北インド風です。

 

f:id:Seita75851833:20210611144600j:image


f:id:Seita75851833:20210611144635j:image


f:id:Seita75851833:20210611144830j:image


f:id:Seita75851833:20210611144907j:image


f:id:Seita75851833:20210611144955j:image


f:id:Seita75851833:20210611145023j:image


f:id:Seita75851833:20210611145152j:image

   大ゴヴィンダ寺院(ベンガル風)


f:id:Seita75851833:20210611145347j:image


f:id:Seita75851833:20210611145424j:image

   小ゴヴィンダ寺院


f:id:Seita75851833:20210611145605j:image

   

前回でのカントノゴル寺院のテラコッタレリーフ(壁面の浮き彫り画)とよく似ています。

f:id:Seita75851833:20210611145856j:image


f:id:Seita75851833:20210611150517j:image


f:id:Seita75851833:20210611150601j:image


f:id:Seita75851833:20210611150636j:image


f:id:Seita75851833:20210611150805j:image


f:id:Seita75851833:20210611150849j:image


f:id:Seita75851833:20210611150913j:image


f:id:Seita75851833:20210611150939j:image


f:id:Seita75851833:20210611151024j:image


f:id:Seita75851833:20210611151055j:image


f:id:Seita75851833:20210611151154j:image


f:id:Seita75851833:20210611151408j:image


f:id:Seita75851833:20210611151629j:image

 

バス停近くで何かのセレモニーをやっていました。
f:id:Seita75851833:20210611151726j:image


f:id:Seita75851833:20210611151751j:image


f:id:Seita75851833:20210611151928j:image


f:id:Seita75851833:20210611152002j:image


f:id:Seita75851833:20210611152029j:image

   かけっこもやっていました。 

 

12月18日 列車で南へ下りクルナ管区・クルナへ。

14:15ラジシャヒ発 20:15クルナ着 Kopotakha Exp.  2等座席指定 

310タカ(403円)😂 コンパートメント車輌でした。

列車は一日に2本あり便利な早朝発は満席でした。安宿の予約が出来ない為、暗くなってからの到着はホテル探しが大変です。そして「地球の歩き方」に載っているホテルはやや高めです。時間がかかるけれございますございますど早朝発のバスの方が良かったかも?

列車は遅れて21時着😟 最初に昔の旅雑誌「旅行人」情報の安宿へ行ったらそこは閉鎖😞、次に「歩き方」情報のホテルへ行ったがやはり高かった。値引きをしてくれて1000タカ(迷う値段です。夜も遅いですし フロントもきれいだし) 

しかしここで教えてくれた安宿へ行ったら600タカ(780円)でありました。😅 「Hotel Basundra」建物は古いですが広い部屋でベランダ付!! トイレ・水シャワー付 WiFiなし  附近は商店街になっていて夜遅くまで賑やかです。

 

クルナはガンジス川の支流・ルプシャ川の両岸に開けていて運搬船渡し船が多く行き交っています。渡し船はほとんどの人が立ったままで乗っています。😲
f:id:Seita75851833:20210611152430j:image

f:id:Seita75851833:20210611152553j:image


f:id:Seita75851833:20210611152914j:image


f:id:Seita75851833:20210611152953j:image


f:id:Seita75851833:20210611153235j:image


f:id:Seita75851833:20210611153313j:image

 

荷おろし
f:id:Seita75851833:20210611153642j:image

f:id:Seita75851833:20210611153716j:image

f:id:Seita75851833:20210611153749j:image

f:id:Seita75851833:20210611153819j:image

f:id:Seita75851833:20210611153917j:image

f:id:Seita75851833:20210611153943j:image

f:id:Seita75851833:20210611154212j:image


f:id:Seita75851833:20210611154306j:image

 

川沿いの家(倉庫のようでした) 今は乾期で水量は少ないです。
f:id:Seita75851833:20210611154654j:image
 
f:id:Seita75851833:20210611154723j:image

 

バザール
f:id:Seita75851833:20210611155629j:image


f:id:Seita75851833:20210611155723j:image

f:id:Seita75851833:20210611155745j:image

f:id:Seita75851833:20210611155829j:image
   仕立て屋

 

対岸の街へ。渡し船片道2タカ(2.6円)🤣
f:id:Seita75851833:20210612145311j:image


f:id:Seita75851833:20210612145348j:image
   アヒルが歩いています。

 

f:id:Seita75851833:20210612145428j:image

f:id:Seita75851833:20210612145454j:image
  

クルナの東南25kmのところに世界文化遺産バゲルハットがあります。15世紀のモスジット(モスク)群が残っています。

モスジットは広い範囲に散らばっていて、バングラデシュらしい雰囲気の村にあります。
f:id:Seita75851833:20210612150718j:image

  バンガリ(自転車荷車)や乗り合いオート力車で回ると楽です。

 
f:id:Seita75851833:20210612145820j:image

f:id:Seita75851833:20210612145851j:image


f:id:Seita75851833:20210612145932j:image


f:id:Seita75851833:20210612145957j:image

   小さなモスジット(モスク)が多いです。


f:id:Seita75851833:20210612150132j:image

   モスクの内部

 

静かな村
f:id:Seita75851833:20210612151652j:image


f:id:Seita75851833:20210612151754j:image


f:id:Seita75851833:20210612151822j:image


f:id:Seita75851833:20210612151928j:image


f:id:Seita75851833:20210612152011j:image


f:id:Seita75851833:20210612152040j:image


f:id:Seita75851833:20210612152131j:image

   小さな橋


f:id:Seita75851833:20210612152220j:image


f:id:Seita75851833:20210612152323j:image


f:id:Seita75851833:20210612152439j:image


f:id:Seita75851833:20210612152522j:image


f:id:Seita75851833:20210612152742j:image

 

クルナからダッカへは有名なロケット・スチーマー(外輪船)で帰ろうと思っていましたが、今は乾期で川の水量が少なく出発地が遠くになっていました。出発日もよく分からないのであきらめました。

列車も満席だったので、夜行バスで帰りました。

大河ポッタ川(ガンジス川)をフェリーで1時間位かけて渡るので昼行バスの方が景色を楽しめて良かったと思いました。また、クルナから乗ったバスはフェリー乗り場までで、対岸で別のバスに乗り換えなので注意です。私は荷物をバスに置き忘れるところでした。😥

 


f:id:Seita75851833:20210614155853j:image


f:id:Seita75851833:20210614160100j:image

  バングラデシュにも肥満犬がいました。


f:id:Seita75851833:20210614160314j:image

   女学生はカラフルです。


f:id:Seita75851833:20210614160519j:image


f:id:Seita75851833:20210614160550j:image


f:id:Seita75851833:20210614162739j:image

 

次回(7/1予定)はいよいよ(やっと)インドです。今回は西インドを中心にまわりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

(12)🇧🇩バングラデシュ 混沌のダッカから豊穣の地方へ

バングラデシュは行政上7つの管区に分けられています。

まずは中央部のダッカ管区・ダッカから北西部のロンプール管区・ディナジプールへ向かいます。その後遺跡などをめぐりながら南下してラジシャヒ管区を通りクルナ管区・クルナまで行こうと思います。f:id:Seita75851833:20210527155551j:image

2019年12月7日 早朝 ホテル近くのバスチケット売り場へ行ってチケットを買います。そしてローカルバスで出発地ガブトリ・バスターミナルへ行きます。ここまでは係員が教えてくれ、バス代は無料です。

ローカルバスの車掌は私が乗るバス会社の待合室前で降ろしてくれてそこで待ちます。バスが来たら係員が教えてくれて乗り込みます。

便利なシステムですがチケット売り場を見つけるのが大変です。

私はたまたまホテル近くで見つけました。

 

9:30 ガブトリ・バスターミナル発

19:00 ロンプール管区・ディナジプール着 550タカ(715円)😁

乗ったバスは日本の日野製でした。

f:id:Seita75851833:20210527155701j:image

 

大河ブラフマプトラ川(バングラデシュではジョムナ川)に架かるジョムナ橋を渡ります。

f:id:Seita75851833:20210527155752j:image

 

f:id:Seita75851833:20210527155810j:image

f:id:Seita75851833:20210527155947j:image

  これは別の川です。

 

実りの秋の刈り入れが終わった頃です。

f:id:Seita75851833:20210527160208j:image

 

f:id:Seita75851833:20210527160236j:image

池の畔でゆっくり。

f:id:Seita75851833:20210527160735j:image

 

池で魚獲り

f:id:Seita75851833:20210527160819j:image

 

f:id:Seita75851833:20210527161304j:image
  池の中のかごに網が付けてあり、牛の上の方にある取っ手を下げると魚の入ったかごが上がります。

 

f:id:Seita75851833:20210527162507j:image

 

ディナジプールでは「地球の歩き方」に載っている安宿

Hotel Unique Residensial」へ シングル500タカ(650円) トイレ 水シャワー WiFiなし

ここは悪くはなかったのですが、虫と蚊がいたので翌朝宿替え。

同じく「歩き方」に載っている駅前の「Hotel Shahara Residensial」へ 同じく500タカ トイレ(ペーパー付!!!) 水シャワー(バスタオル付!!!) WiFiなし 

ここは部屋は小さいですが小綺麗で良かったです。😀🤗

夜には防虫スプレーを撒いてくれます。

 

ディナジプール市内
f:id:Seita75851833:20210527162628j:image

 

f:id:Seita75851833:20210527162708j:image

郊外のラジバリ跡(地域の王家の居城)は保存状態が悪くイマイチでした。無料

f:id:Seita75851833:20210527162928j:image


f:id:Seita75851833:20210527163023j:image
  中で作って売っていたライスペーパー

しかし、附近の村の散策は面白かったです。ロンプール管区はヒンドゥー教徒が多く女性もきさくです。
f:id:Seita75851833:20210527163859j:image


f:id:Seita75851833:20210527163958j:image

  刈り入れの終わった畑

 

f:id:Seita75851833:20210527164228j:image
  

f:id:Seita75851833:20210527164548j:image

 

村内
f:id:Seita75851833:20210527164659j:image

   女学生の制服は赤と濃い緑で国旗の色です。


f:id:Seita75851833:20210527165044j:image


f:id:Seita75851833:20210527165126j:image

  鍛冶屋


f:id:Seita75851833:20210527165255j:image


f:id:Seita75851833:20210527165324j:image


f:id:Seita75851833:20210527165406j:image


f:id:Seita75851833:20210527165453j:image

  米粉が原料の焼きスナック。 

 

翌日 バングラデシュの至宝とも言われるカントノゴル寺院(1752年 ヒンドゥー寺院)へ ディナジプールの北25km  バスで30分。

バスを降りて橋を渡り田園風景の中を1km歩きます。
f:id:Seita75851833:20210528152229j:image

  川で牛の水浴び。


f:id:Seita75851833:20210528152129j:image

 

カントノゴル寺院 ここ1ヶ月は特別な礼拝期間らしくて賑やかです。

f:id:Seita75851833:20210528152832j:image

  中央の御神体はまだカーテンで隠されています。


f:id:Seita75851833:20210528153154j:image

  カーテンが引かれ、レースが掛けられた御神体が現れます。


f:id:Seita75851833:20210528162230j:image

f:id:Seita75851833:20210528153608j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528153648j:image

  三層建てです。

 

レースが取られ御神体(シヴァと妻パールヴァティー?)にプージャ(礼拝)。

f:id:Seita75851833:20210528154244j:image


f:id:Seita75851833:20210528154514j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528154713j:image

  そして境内を回ります。


f:id:Seita75851833:20210528155029j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528155113j:image

  日本でゆうところの餅まき。砂糖菓子でした。


f:id:Seita75851833:20210528155526j:image


f:id:Seita75851833:20210528155655j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528155727j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528160004j:image


f:id:Seita75851833:20210528161919j:image

 

サドゥ(修道者)もいます。

f:id:Seita75851833:20210528160709j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528161053j:image

  女サドゥ


f:id:Seita75851833:20210528161321j:image

  剃髪する女性信者もいます。ヒンドゥー教の聖地では時々見かけます。


f:id:Seita75851833:20210528161737j:image

  休憩中

 

壁面を飾るテラコッタレリーフ ヒンドゥーの神話やイスラムの風俗などです。

f:id:Seita75851833:20210528163257j:image

  

f:id:Seita75851833:20210528163345j:image

f:id:Seita75851833:20210528163142j:image


f:id:Seita75851833:20210528163223j:image


f:id:Seita75851833:20210602141642j:image

f:id:Seita75851833:20210602141735j:image

f:id:Seita75851833:20210528163455j:image


f:id:Seita75851833:20210528163524j:image

 

店や屋台が多く出ていてお祭りのようです。
f:id:Seita75851833:20210528162555j:image

f:id:Seita75851833:20210528162620j:image

            

観覧車?😂  
f:id:Seita75851833:20210528162721j:image
          

子供列車も走っています。
f:id:Seita75851833:20210528162832j:image

 

12月10日 列車で中西部のラジシャヒ管区・ジョエプルハットへ

2時間30分 ブルトジャーナ急行 2等座席指定 110タカ(143円)🤣🥰

列車は安いですが運行本数が少なく、急行は満席も多いです。

朝のディナジプール駅
f:id:Seita75851833:20210528163735j:image


f:id:Seita75851833:20210528163819j:image


f:id:Seita75851833:20210528163853j:image


f:id:Seita75851833:20210528163947j:image

  列車内 なぜか植物が。

 

ジョエプルハット着 見ると線路の一部が古着のマーケットになっていました。😲 
f:id:Seita75851833:20210528164241j:image


f:id:Seita75851833:20210528164331j:image


f:id:Seita75851833:20210528164449j:image


f:id:Seita75851833:20210528164524j:image

 

f:id:Seita75851833:20210528164624j:image


f:id:Seita75851833:20210528164707j:image

 

踏切の線路上はフルーツマーケットに。😅
f:id:Seita75851833:20210528165150j:image


f:id:Seita75851833:20210528165227j:image

 

ジョエプルハットの宿も「歩き方」で「Hotel Pritibi」へ

シングル500タカ(650円) トイレ 水シャワー WiFi有り😀

 お湯シャワー付は1000タカ 今の時期朝晩は肌寒いです。

 

近くに市場があり魚が豊富です。
f:id:Seita75851833:20210529151128j:image


f:id:Seita75851833:20210529151203j:image


f:id:Seita75851833:20210529151227j:image


f:id:Seita75851833:20210529151258j:image

  国民魚イリッシュ


f:id:Seita75851833:20210529151349j:image


f:id:Seita75851833:20210529151434j:image


f:id:Seita75851833:20210529151509j:image

 

別の所ではナイトマーケットもありました。
f:id:Seita75851833:20210529151648j:image


f:id:Seita75851833:20210529151736j:image

 

民家で質素に行われていた結婚式
f:id:Seita75851833:20210529151839j:image


f:id:Seita75851833:20210529151907j:image


f:id:Seita75851833:20210529152047j:image


f:id:Seita75851833:20210529152111j:image

 

子供と子ヤギの写真を撮っていたらこの男性が結婚式に案内してくれました。祝儀をあげていたら良かったかなと、あとで思いました。
f:id:Seita75851833:20210529152748j:image

f:id:Seita75851833:20210529152854j:image

f:id:Seita75851833:20210529152932j:image

ジョエプルハット市内にて。
f:id:Seita75851833:20210529153206j:image
  朝晩は寒いのでヤギにも服を着せています。


f:id:Seita75851833:20210529153454j:image

  おもしろいアヒル


f:id:Seita75851833:20210529153602j:image

  かご屋


f:id:Seita75851833:20210529153752j:image

  かご作り。


f:id:Seita75851833:20210529153924j:image

 

翌日、世界遺産パハルプールへ バスまたは乗り合いオート力車で近くの村まで行きます。20〜30分 20〜30タカ そこからバンガリ(自転車荷車 6人乗り 電動もあります)ですぐ。同乗のバングラ人が10タカを払っていたので一緒に払いましたが、帰りは5タカ(6.5円)でした。

f:id:Seita75851833:20210529154141j:image

 

8世紀に建てられた仏教施設です。入場料200タカ(260円) バングラデシュ人は10タカ(13円)🤨🤔

インドでは7世紀頃に衰退した仏教がここでは11世紀末まで残りました。

 

正門より 中央部はそこに建てられていた大塔の基礎部分です。この上に楼閣があったそうです。敷地の周囲に177の僧坊があり最盛期には1000人が修行をしていたそうです。

f:id:Seita75851833:20210529154308j:image


f:id:Seita75851833:20210529154442j:image

  僧坊跡


f:id:Seita75851833:20210529154651j:image


f:id:Seita75851833:20210529154729j:image


f:id:Seita75851833:20210529154813j:image


f:id:Seita75851833:20210529154841j:image


f:id:Seita75851833:20210529155023j:image


f:id:Seita75851833:20210529155104j:image

  井戸 


f:id:Seita75851833:20210529155210j:image

  下の方に壁画(テラコッタ)が残っています。ほとんどがレプ

  リカで、ヒンドゥー教関係が多かったです。


f:id:Seita75851833:20210531152842j:image

f:id:Seita75851833:20210531152901j:image

  めずらしい仏陀の座像 これはオリジナルらしいです。


f:id:Seita75851833:20210529160250j:image


f:id:Seita75851833:20210529160314j:image

  同じバンガリで来た大学生


f:id:Seita75851833:20210529160545j:image


f:id:Seita75851833:20210529160842j:image


f:id:Seita75851833:20210529160932j:image


f:id:Seita75851833:20210529161026j:image

 

近くの村では青空市場が開かれていました。
f:id:Seita75851833:20210529161437j:image

f:id:Seita75851833:20210529161513j:image

f:id:Seita75851833:20210529161539j:image

f:id:Seita75851833:20210529161613j:image

f:id:Seita75851833:20210529161642j:image

f:id:Seita75851833:20210529161719j:image

 

 

 

 

 

次回(6/16予定)はバングラデシュの地方 其のニです。ガンジス川(ポッタ川)などなど。 

ありがとうございました。

(11) 🇧🇩水の国バングラデシュ 混沌の街ダッカ 2019/11/30〜12/26

バングラデシュ人民共和国はインドの東どなりに位置するイスラム教国家です。南はベンガル湾に面し周囲はインドに囲まれ、南の一部はミャンマーと接しています。

大河ブラフマプトラ川とガンジス川の合流地点になります。

f:id:Seita75851833:20210514110006j:image

 

2019年11月30日16:20 

ネパール・カトマンズからバングラデシュダッカへ。直線距離で700km位です。

ヒマラヤ航空 飛行時間1時間25分 時差15分

f:id:Seita75851833:20210514110120j:image

  カトマンズの空港からは天気が良いとヒマラヤが望めます。


f:id:Seita75851833:20210514110241j:image

  カトマンズ上空


f:id:Seita75851833:20210514110314j:image

  ダッカ上空

 

ダッカ空港到着後30日のアライバルビザを取得。無料😂

滞在日数を短かく申請すると15日しかくれないので注意です。

新しくてきれいな空港です。本日のレートは1タカ(TK)=1.3円

 

暗くなってからの到着なので空港近くの日本人宿「あじさい」を予約していました。空港を出た道路からローカルバスで3つ目のバス停の近くです。バス代5タカ(6.5円) 歩いてでも行けます。

宿代はドミトリーで10US$+tax(1000タカ) ホットシャワー クーラー付 バングラデシュの物価からすると高いです。日本食レストランがあり在住日本人に人気があるみたいです。

 

ロケーションが悪いので、翌日市内中心部へ宿替え。

Hotel As Shams International」(Polton地区) シングルルーム800タカ(約1000円) トイレ 水シャワー ファン WiFi

Booking.comで予約 バングラデシュはまだ観光産業が発達していないのでネットで予約出来る安宿は少ないです。今回の旅でのネット予約はダッカのみで、地方は「地球の歩き方」の安宿情報頼りでした。

近くに安食堂、バスチケット売り場、両替屋などがあり便利な立地です。

今の時期は涼しいので水シャワーはちょっときつかったです。😨 

また8階に部屋があり時々停電でエレベーターが止まると大変です。😟 私はネパールでのトレッキングのおかげで大丈夫でした。😙

 

ダッカの中心部は人、力車、車で大混雑です。

日本の5分の2位の土地に1.5億人の人口です。が、山が少ないので都市を離れると広々としています。

f:id:Seita75851833:20210514110512j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514110643j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514110748j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514111327j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514111500j:image

  ゴミもいっぱい

 

2階建てバスも走っています。
f:id:Seita75851833:20210514111807j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514112153j:image

 

ホテル近くのバザール、市場

f:id:Seita75851833:20210514112356j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514112433j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514112513j:image


f:id:Seita75851833:20210514112639j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514112753j:image
  近々ある選挙のポスター

 

f:id:Seita75851833:20210514113031j:image

  危険な電線


f:id:Seita75851833:20210514113208j:image

  アロエジュース屋

 

f:id:Seita75851833:20210514113337j:image

  チャイ(ミルクティー)屋

 

f:id:Seita75851833:20210514113621j:image

  新札交換屋


f:id:Seita75851833:20210514113947j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114033j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114054j:image

 

乗り合い馬車が一部のルートを走っていてオールドダッカ(旧市街)・船着場(ショドル・ガット)近くまで行けます。30タカ(40円) 約20分 

馬の御者のすぐうしろに座ると眺めが良いです。
f:id:Seita75851833:20210514114248j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114328j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114426j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114507j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114536j:image

 

オールドダッカ(旧市街)

f:id:Seita75851833:20210514114705j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114735j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114810j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114838j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114905j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514114939j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514115023j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514115043j:image

 

 

f:id:Seita75851833:20210514115121j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514115147j:image

 

旧市街の近くにブラフマプトラ川の支流ブリコンガ川が流れていて地方への船着場(ショドル・ガット)があります。対岸への渡し船も多くて混雑しています。
f:id:Seita75851833:20210514141957j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514142042j:image
  
危ない大混雑

 

f:id:Seita75851833:20210514142303j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514142327j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514142414j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514142438j:image

小さな船着場

f:id:Seita75851833:20210514142617j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514142649j:image

 

近くに野菜とフルーツの市場があり、地方から来た船の荷おろしをやっています。手作業、頭作業です。
f:id:Seita75851833:20210514143025j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514143055j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514143140j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514144432j:image

f:id:Seita75851833:20210514143446j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514143558j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514143621j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514143650j:image
  根茎も食用になる芋茎(ずいき)かな?  

 

近くの橋の上から
f:id:Seita75851833:20210515161945j:image

f:id:Seita75851833:20210514144805j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514144940j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145022j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145051j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145144j:image
  橋の上も混雑 

f:id:Seita75851833:20210514145413j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145446j:image

 

夕暮れのブリコンガ川、渡し船、モスク

f:id:Seita75851833:20210514145801j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145846j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514145928j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514150053j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514150329j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514150410j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514150651j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514150733j:image
  水浴び 涼しいせいかあまり見かけませんでした。

  川の水も汚かったです
  
f:id:Seita75851833:20210514152557j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514152621j:image

  

 

 

国立モスジット(モスク) 何かのセレモニーをやっていました。

f:id:Seita75851833:20210514152825j:image

  

f:id:Seita75851833:20210514153004j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514153041j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514153121j:image

 

ダッカ鉄道駅

f:id:Seita75851833:20210514153331j:image

  線路上も通路です。

 

郊外の列車
f:id:Seita75851833:20210514153701j:image

  機関車の前部にも乗っています。

 

f:id:Seita75851833:20210514153913j:image

  屋根にも乗っています。

 

f:id:Seita75851833:20210514154100j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514154200j:image

f:id:Seita75851833:20210514154339j:image

  

f:id:Seita75851833:20210514154602j:image

  列車が来ない時の踏切は物売りの仕事場。

 

 

力車(サイクル・リクシャー)はカラフルで芸術的です。

f:id:Seita75851833:20210514160505j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514160558j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514160621j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514160712j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514160815j:image
  朝もやの中で 


f:id:Seita75851833:20210514160924j:image

  オート力車と

 

f:id:Seita75851833:20210514161054j:image

  私も乗りました 4〜5km100タカ(130円) 要交渉 ひとりで乗ると割高です。 

 

街の大衆食堂
f:id:Seita75851833:20210514161303j:image


f:id:Seita75851833:20210514161451j:image

  定食 右上からダル(豆スープ)、サラダ、おかず、ライス(最初からおかわりの分もサービス) おかずは魚、チキン、マトン(ヤギです)などから選びます。安食堂で50タカ(65円)〜 チキン・マトンは高いです。ライス、ダル、おかずの汁のみはおかわりができます。


f:id:Seita75851833:20210514161711j:image

  朝食 ナン(ルティ)、チャイ、サラダ、野菜の煮物で50タカ位

    卵1個を円盤状にカリカリに焼いたオムレツもあります。

 

f:id:Seita75851833:20210514161846j:image

f:id:Seita75851833:20210514161920j:image
  フスカ(屋台のスナック) 粉で作った丸い皮にマッシュポテト状のものを詰め、生野菜とソースがかけてあります。美味 ネパール(パニプリ)、インドにも似たようなスナックがありますが、バングラデシュのものがダントツに美味しかったです。一皿20〜30タカ


f:id:Seita75851833:20210514162028j:image

  うなぎも売っていました。

 

 

f:id:Seita75851833:20210514162754j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514162836j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514162913j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514163001j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514163050j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514163135j:image

 

f:id:Seita75851833:20210514163227j:image

イスラム教国家ではめずらしいカラフルな制服の女学生
f:id:Seita75851833:20210514163739j:image

  

f:id:Seita75851833:20210514164009j:image

 

次回(6/1予定)はバングラデシュの地方です。インド以上の仏教遺跡が残っています。

ありがとうございました。

(10)🇳🇵ネパール カトマンズ最終編 火葬場は観光客でいっぱい?!‼‼

カトマンズ盆地にはカトマンズ以外にも歴史のある街や文化的な場所が多くあります。カトマンズの街は盆地内のひとつの古い都です。 

 

古都パタンはカトマンズの5km南にある中世からの歴史ある美しい街です。王宮もありました。

徒歩でも行けますが、今は車が多くてあまり面白くありません。

 

パタンの歴史地区・ダルバール広場です。カトマンズの歴史地区と同じ名称です。

f:id:Seita75851833:20210430111509j:image


f:id:Seita75851833:20210429114636j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429114749j:image
  何かデモをやっていました。

パタン最古(1392年)のクンベシュワール寺院で結婚式がありました。

f:id:Seita75851833:20210429115014j:image


f:id:Seita75851833:20210429120110j:image

f:id:Seita75851833:20210429115250j:image

f:id:Seita75851833:20210429115344j:image

f:id:Seita75851833:20210429115538j:image
  新郎の足元に新婦がひれ伏しています。日本だったら問題かも?

 

近くであった別の結婚式の民族音楽
f:id:Seita75851833:20210429120530j:image

f:id:Seita75851833:20210429120635j:image
  右耳のところに花を差しています。ネパールでは時々見かけます。

 

ピムバハ僧院(仏教寺院)のストゥーパ(仏塔)
f:id:Seita75851833:20210429121018j:image

 

 f:id:Seita75851833:20210429121053j:image

ここで男の子の儀式がありました。頭に何か描かれています。
f:id:Seita75851833:20210429121318j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429121504j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429121541j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429121603j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429122318j:image
  街のアート

 

f:id:Seita75851833:20210429122422j:image

f:id:Seita75851833:20210429122531j:image

 

キルティプルはカトマンズの南西5kmのところにある小高い丘(山?)の上にある小さい街です。ここも中世からの古い街です。

f:id:Seita75851833:20210429121849j:image

  カトマンズのスワヤンブナート寺院方面

 

ウマ・マヘシュワール寺院 1673年 ヒンドゥー寺院
f:id:Seita75851833:20210429122004j:image

f:id:Seita75851833:20210429122654j:image

バグバイラヴ寺院 三階の軒下に戦いに敗れたキルティプル軍の剣、刀、盾などが吊るされています。

f:id:Seita75851833:20210429122804j:image


f:id:Seita75851833:20210429123130j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429123216j:image

  天空の家 犬も喜んでいます


f:id:Seita75851833:20210429123254j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429123322j:image


ある日カトマンズで11カ国参加の「フォークフェスティバル」がありました。最初にバザールでパレードがありその後にダルバール広場近くでセレモニーがありましたが、挨拶が長かったので途中で帰りました。

f:id:Seita75851833:20210429145947j:image

f:id:Seita75851833:20210429145008j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429145202j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429145236j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429145830j:image

11月の終わりに、観光客の集まるタメル地区で「神輿祭」(?私の命名)がありました。夜に近くの六つのお寺から御神体を乗せた神輿がタメル地区・タヒティチョークのお寺に集まります。そして人々の礼拝を受けて、翌日の昼頃に帰っていきます。

f:id:Seita75851833:20210429150217j:image

  出発前

 

f:id:Seita75851833:20210429150400j:image

  出発
 

f:id:Seita75851833:20210429150654j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429150940j:image

f:id:Seita75851833:20210429151138j:image
  タヒティチョークに集まりました

御神体
f:id:Seita75851833:20210429151615j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429151809j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429153131j:image


礼拝
f:id:Seita75851833:20210430153757j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429152110j:image

f:id:Seita75851833:20210429152202j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429152318j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429152431j:image

f:id:Seita75851833:20210429153016j:image

f:id:Seita75851833:20210429152854j:image


私の泊っていたホテルの近くに小さな学校(小中学校?)があり、朝食後の散歩によく行っていました。近くには洗濯屋が多くあり、朝礼は干してある洗濯物の間で行なわれます。😂

f:id:Seita75851833:20210429153449j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429153519j:image

朝礼前の遊び

f:id:Seita75851833:20210429153643j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429153728j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429153807j:image

f:id:Seita75851833:20210429153948j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429154032j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430150225j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429154206j:image
 

f:id:Seita75851833:20210429154237j:image


f:id:Seita75851833:20210429154306j:image

ある日、最上階の小さな講堂でセレモニーがあり、私も呼ばれました。民族ダンスやゲームなどがあり、軽食(ランチ?)付きでした。😋f:id:Seita75851833:20210429154705j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429154736j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429154813j:image
  綱引き

 

f:id:Seita75851833:20210429154938j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155018j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155251j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155321j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155416j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155442j:image

f:id:Seita75851833:20210429155513j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429155704j:image

f:id:Seita75851833:20210430161652j:image
  軽食

 

洗濯物のあいだを

f:id:Seita75851833:20210429160216j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429160259j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429160404j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429160550j:image

 

f:id:Seita75851833:20210429160825j:image



最後はパシュパティナートです。ネパール最大のヒンドゥー教寺院でガンジス川の支流、バグマティ川(小さいです)の川岸にあります。

パシュパティナート寺院には異教徒は入れません。門の外から神牛(三大神のひとりシヴァの乗り物)のお尻を拝むだけです。外の高台からは神牛の頭が拝めます。

f:id:Seita75851833:20210430112210j:image


f:id:Seita75851833:20210430112342j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430112427j:image


f:id:Seita75851833:20210430112508j:image
  

パシュパティナート寺院の裏手に火葬場があります。見物人が多いです。😱 写真はOKです。インド・ヴァラナシは写真厳禁です。

 シリアスな問題なのでどの程度発表してよいか悩むところです。

f:id:Seita75851833:20210430112732j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430112946j:image
  遺体の最後の沐浴

 

こちら(上流)はかって王族専用だった火葬台です。今は上流階級用?

f:id:Seita75851833:20210430113215j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430113237j:image

f:id:Seita75851833:20210430113332j:image

f:id:Seita75851833:20210430113441j:image

こちら(下流)は庶民の火葬場です。多くあります。

f:id:Seita75851833:20210430113540j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430113631j:image


f:id:Seita75851833:20210430151930j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430113748j:image

猿も見学 🙈
f:id:Seita75851833:20210430113930j:image


f:id:Seita75851833:20210430114128j:image

 

 f:id:Seita75851833:20210430114156j:image

最後に遺灰は川に流されます。輪廻転生を信じて墓を作らないヒンドゥー教徒の死生観です。死は終わりでなく始まり……。

f:id:Seita75851833:20210430114438j:image

  合掌

 

f:id:Seita75851833:20210430114731j:image


f:id:Seita75851833:20210430114825j:image


f:id:Seita75851833:20210430114905j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430115006j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430115139j:image

f:id:Seita75851833:20210430115237j:image

f:id:Seita75851833:20210430115436j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430115534j:image


f:id:Seita75851833:20210430115710j:image


f:id:Seita75851833:20210430115824j:image


f:id:Seita75851833:20210430120011j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430143855j:image


f:id:Seita75851833:20210430143944j:image


f:id:Seita75851833:20210430144145j:image


f:id:Seita75851833:20210430144227j:image


f:id:Seita75851833:20210430144351j:image


f:id:Seita75851833:20210430144435j:image


f:id:Seita75851833:20210430144644j:image


f:id:Seita75851833:20210430144709j:image


f:id:Seita75851833:20210430144734j:image


f:id:Seita75851833:20210430144811j:image


f:id:Seita75851833:20210430144929j:image


f:id:Seita75851833:20210430145004j:image


f:id:Seita75851833:20210430145050j:image


f:id:Seita75851833:20210430145157j:image

 

f:id:Seita75851833:20210430145331j:image

f:id:Seita75851833:20210430145422j:image

f:id:Seita75851833:20210430145520j:image

f:id:Seita75851833:20210430145601j:image

f:id:Seita75851833:20210430145700j:image

f:id:Seita75851833:20210430163141j:image

f:id:Seita75851833:20210430163629j:image


f:id:Seita75851833:20210502094254j:image

 

次回(5/16予定)は水の国バングラデシュ、混沌の街ダッカです。

ありがとうございました。

 

(9)🇳🇵ネパール カトマンズ散歩 ぶら〜り ぶらり

最初はカトマンズ市街からネパール最古の仏教寺院スワヤンブナート寺院方面の夕景です。

f:id:Seita75851833:20210414142648j:image


f:id:Seita75851833:20210414142751j:image


f:id:Seita75851833:20210414142853j:image

これはスワヤンブナート寺院ではなく、チャベル地区にあるチャベル・ストゥーパ(仏舎利塔)です。

f:id:Seita75851833:20210414143010j:image


f:id:Seita75851833:20210414143047j:image

私の泊っていたホテル近くの小さな仏塔。

f:id:Seita75851833:20210414143234j:image

 

ヒマラヤ方面の朝

f:id:Seita75851833:20210414143406j:image

 

カトマンズの歴史地区 ダルバール広場周辺

ここは観光客には入場料が必要です。が、チェックは無く小さな小屋の窓口での自己申告制です。多くの観光客(特にアジア人)は素通りですが、たまにチェックがあるので小屋には近づかない方が無難です。

私は払いました。😗(一回目だけですが) ちなみに料金は1000ネパールルピー(約1000円)でネパールの物価からすると高いです。😑

めんどくさいですが(写真が必要です)、手続きをするとビザの期間内有効のパスが発行されます。


f:id:Seita75851833:20210414143534j:image

 

カーラ・バイラヴ像附近
f:id:Seita75851833:20210415171958j:image

f:id:Seita75851833:20210415171844j:image

  
f:id:Seita75851833:20210414143723j:image


f:id:Seita75851833:20210414143818j:image

 

タレジュ寺院
f:id:Seita75851833:20210414143919j:image

  
f:id:Seita75851833:20210414144208j:image


f:id:Seita75851833:20210414144244j:image

f:id:Seita75851833:20210414144724j:image

旧王宮 2008年に王制は廃止されました。

f:id:Seita75851833:20210414145141j:image


f:id:Seita75851833:20210414145304j:image


f:id:Seita75851833:20210414145358j:image

  円形の五重の塔


f:id:Seita75851833:20210414145626j:image

ダルバール広場に続いてバザール・旧市街があり賑やかです。
f:id:Seita75851833:20210414145939j:image


f:id:Seita75851833:20210414150130j:image


f:id:Seita75851833:20210414150148j:image


f:id:Seita75851833:20210414150226j:image


f:id:Seita75851833:20210414150606j:image


f:id:Seita75851833:20210414150511j:image

f:id:Seita75851833:20210414150705j:image


f:id:Seita75851833:20210414150745j:image


f:id:Seita75851833:20210414150814j:image


f:id:Seita75851833:20210414150844j:image


f:id:Seita75851833:20210414150912j:image


f:id:Seita75851833:20210414150955j:image
  手前の品物は干し魚です。何に使うのか?

f:id:Seita75851833:20210414151326j:image


f:id:Seita75851833:20210414151404j:image

f:id:Seita75851833:20210414151457j:image


f:id:Seita75851833:20210414151527j:image


f:id:Seita75851833:20210414151554j:image

7月頃にはタケノコも売っています。
f:id:Seita75851833:20210414151933j:image


f:id:Seita75851833:20210414151955j:image

 

荷物運び

f:id:Seita75851833:20210414152055j:image


f:id:Seita75851833:20210414152154j:image


f:id:Seita75851833:20210414152235j:image


f:id:Seita75851833:20210414152305j:image

仏教画などの土産物屋
f:id:Seita75851833:20210414152418j:image


f:id:Seita75851833:20210414152451j:image


f:id:Seita75851833:20210414152514j:image


f:id:Seita75851833:20210414152557j:image


f:id:Seita75851833:20210414152634j:image


f:id:Seita75851833:20210414152820j:image

ツーリストが集まるタメル地区のはずれに大きな洗濯場があります。

座って見ていると面白いです。
f:id:Seita75851833:20210414152940j:image


f:id:Seita75851833:20210414153106j:image


f:id:Seita75851833:20210414153138j:image


f:id:Seita75851833:20210414153202j:image


f:id:Seita75851833:20210414153236j:image


f:id:Seita75851833:20210414153307j:image

土曜日は家族で洗濯団らん ネパールの土曜日は日本などの日曜日にあたります。日曜日は平日です。
f:id:Seita75851833:20210414153400j:image


f:id:Seita75851833:20210414153429j:image

 

ついでに洗髪
f:id:Seita75851833:20210414153523j:image

 

 

街角、露地裏をうろチョロ 

f:id:Seita75851833:20210414154239j:image

  地震の名残りのつっかい棒

 

f:id:Seita75851833:20210414154123j:image


f:id:Seita75851833:20210414154622j:image


f:id:Seita75851833:20210414154800j:image

ネパールのコンビニ?
f:id:Seita75851833:20210414154938j:image


f:id:Seita75851833:20210414155008j:image


f:id:Seita75851833:20210414155054j:image

車、力車、バイク、人でいっぱい
f:id:Seita75851833:20210414155330j:image


f:id:Seita75851833:20210414155405j:image


f:id:Seita75851833:20210414155439j:image

カトマンズの窓から
f:id:Seita75851833:20210415170952j:image

f:id:Seita75851833:20210414155639j:image


f:id:Seita75851833:20210414155704j:image

危険な電線
f:id:Seita75851833:20210414155749j:image


f:id:Seita75851833:20210414155828j:image


f:id:Seita75851833:20210414155900j:image


f:id:Seita75851833:20210414160044j:image


f:id:Seita75851833:20210415152623j:image
  猿の遊び場 

ヒマラヤの雪男イェティ
f:id:Seita75851833:20210414160345j:image


f:id:Seita75851833:20210414160414j:image

 

おかしなアヒル

f:id:Seita75851833:20210414160602j:image


おかしな像
f:id:Seita75851833:20210414160713j:image


f:id:Seita75851833:20210414160746j:image

庖丁研ぎ
f:id:Seita75851833:20210414160923j:image

郵便ポスト
f:id:Seita75851833:20210414161010j:image

軍隊 ネパールの山刀ククリを使った訓練。

f:id:Seita75851833:20210414161302j:image


f:id:Seita75851833:20210414161327j:image


f:id:Seita75851833:20210414161418j:image

ポリス
f:id:Seita75851833:20210414161542j:image


ネパールの食はインドと比べるとバラエティーさがなく、値段もやや割高です。屋台料理の種類も少ないです。食に対する思いが淡白な様に思います。

国民食的な定食・ダルバートです。
f:id:Seita75851833:20210415153027j:image


f:id:Seita75851833:20210415153053j:image

ダル(豆のスープ・ご飯にかけて食べます) バート(ご飯) 野菜のおかず 青菜のおかず 漬物 生野菜などがセットになっています。おかわりができます。😋

野菜のおかずを肉のおかず(チキンが多いです)に変えると高くなり、肉のおかわりは出来ません。😢 ネパール人の多くは手で食べます。

写真は野菜のおかずセットで160円位です。ヨーグルトや豆せんべいなどが付いています。安食堂では100円位からあります。

 

モモ(ギョーザ)も広く食べられていて、専門店も多くあります。

具は野菜、水牛(buff)、チキンなどがあり蒸しギョーザが一般的です。ソースが決め手で香辛料・酸味のきいた胡麻ダレ風が多いようです。一皿10個位で80円位からあります。
f:id:Seita75851833:20210415153251j:image

  有名店ニュー・エベレスト・モモ・センターのもの 100円

f:id:Seita75851833:20210415153408j:image 
  二色ソース


f:id:Seita75851833:20210415153556j:image

  チベット風包み方 日本と同じ

 

チョウメン(焼きそば) トゥクパ(汁そば) タントゥク(きしめん風の麺を使った汁そば)もポピュラーです。チベット料理です。
f:id:Seita75851833:20210415153741j:image


f:id:Seita75851833:20210415153813j:image

 

f:id:Seita75851833:20210415153841j:image

トゥンバ(燗ビール) 麹で発酵させたシコクビエを専用の容器に入れ、お湯を注いでしばらく待ちます。味が出て来たら専用のストロー(先端がつぶしてありヒエが入らない)で吸います。3〜5回お湯を足せます。ビールと同じ位の酔い心地になります。120〜150円
f:id:Seita75851833:20210415154148j:image
f:id:Seita75851833:20210415154203j:image
f:id:Seita75851833:20210415154224j:image

チャン(にごり酒) アルコール度数は低いです。500mlで50〜100円
f:id:Seita75851833:20210415154318j:image

 

ロクシー(焼酎) ポピュラーな地酒で普通の食堂でも飲める所が多くあります。コップ一杯(大小ありますが)50〜100円

写真のつまみは右下より揚げポテト、ニワトリの足唐揚げ、揚げパイ風 つまみを多く揃えた居酒屋風食堂も時々見かけます。😚

f:id:Seita75851833:20210415154345j:image

 

ヤギもよく売っています。お祭りのごちそうです。
f:id:Seita75851833:20210415154740j:image


f:id:Seita75851833:20210415154817j:image
  頭の丸焼き

 

次回(5/1予定)はカトマンズ最終編です。火葬場は観光客でいっぱい‼️‼️

ありがとうございました。

(8)🇳🇵ネパール チトワン国立公園 2019/10/21〜 サイが街にやって来た‼️‼️‼️

ポカラからカトマンズへ帰る途中にチトワン国立公園に寄りました。

チトワン国立公園は山を下ったインド国境近くにある野生動物保護区でインドサイ(絶滅危惧種)が有名です。ベンガルトラもいますがほとんど見る事が出来ないようです。

 

チトワン国立公園に行くにはパッケージツアーが便利で、旅行代理店で簡単に予約出来ます。2泊3日が一般的で、すべて込みで100US$(約11000円)位からあります。私はゆっくりしたかったので3泊4日125US$で予約しました。 少し値切れたかも?

 

2019年10月21日 7:30 ポカラ・ツーリストバスパーク出発 

12:30 チトワン国立公園観光の基点となる街ソウラハ到着

バスパークにはホテルスタッフが迎えに来ています。

ホテルに着くと犬の親子がお出迎え。 

f:id:Seita75851833:20210327111302j:image

f:id:Seita75851833:20210327111441j:image

 

そしてウェルカム・コカコーラとブーゲンビリアの花一輪😀

部屋は広くてきれいなツインルームでトイレ・シャワー付🥰

これで3泊4日125US$は満足感がありました。さすがにエレベーター(三階でした)とエアコン(扇風機で充分でした)はありません。

食事もまあまあ インドからの団体客もいました。
f:id:Seita75851833:20210327111707j:image
f:id:Seita75851833:20210327111740j:image
f:id:Seita75851833:20210327111806j:image
f:id:Seita75851833:20210327111838j:image
   ヤモリもお出迎え。

 

夕方に最初のアトラクション、ウォーキングサファリへ。と言ってもガイド(ホテルスタッフ)と郊外を歩くだけです。が、遠くの川でインドサイが水浴びをしていました‼️ サイの水遊びはあまり聞きません。カバと間違えそうです。
f:id:Seita75851833:20210327112139j:image
f:id:Seita75851833:20210327112440j:image
f:id:Seita75851833:20210327112505j:image

サイ以外は飼われているアジア象🐘を見物しただけでした。街のメインストリートを歩いていても象によく出会います。
f:id:Seita75851833:20210327112639j:image
f:id:Seita75851833:20210327112801j:image

 

2日目 午前 小さなカヌーに乗ってのリバーサファリです。2種類ワニ🐊と鳥がメインです。
f:id:Seita75851833:20210327113022j:image
f:id:Seita75851833:20210327113112j:image

 

口の長い方が魚が主食のおとなしいワニ(インドガビアル) 口の短い

方が肉食で危険なワニ(ヌマワニ)です。
f:id:Seita75851833:20210327113332j:image
f:id:Seita75851833:20210327113415j:image
f:id:Seita75851833:20210327113455j:image
f:id:Seita75851833:20210327113527j:image
ワニは街はずれの川沿いでも見る事が出来ます。

  

鳥類の種類は豊富らしいですが教えてもらってもよく分かりません。
f:id:Seita75851833:20210327113654j:image

  クジャク


f:id:Seita75851833:20210327113810j:image
f:id:Seita75851833:20210327113832j:image
f:id:Seita75851833:20210327113900j:image
f:id:Seita75851833:20210327113958j:image
f:id:Seita75851833:20210327114031j:image

午後からはジープサファリです。
f:id:Seita75851833:20210327114207j:image

 

公園内に入ってすぐにインドサイが。 2回目の遭遇‼️‼️
f:id:Seita75851833:20210327114351j:image
f:id:Seita75851833:20210327114413j:image
f:id:Seita75851833:20210327114434j:image

これ以外は鹿を時々見かけるだけでした。サルも2種類いるようですが見られず。
f:id:Seita75851833:20210327114536j:image
f:id:Seita75851833:20210327114616j:image

公園内の村
f:id:Seita75851833:20210327114825j:image
f:id:Seita75851833:20210327114850j:image
f:id:Seita75851833:20210327114917j:image

3日目 午前 エレファントサファリへ。 一頭に四人が乗り込みます。
f:id:Seita75851833:20210327115038j:image
f:id:Seita75851833:20210327115056j:image
f:id:Seita75851833:20210327115117j:image
f:id:Seita75851833:20210327115147j:image

3回目のインドサイ遭遇‼️‼️‼️ また水の中にいます。ここのサイはよっぽど水遊びが好きなようです。
f:id:Seita75851833:20210327115315j:image
f:id:Seita75851833:20210327115359j:image
f:id:Seita75851833:20210327115427j:image

トラの食べ残した動物の骨
f:id:Seita75851833:20210327115605j:image
f:id:Seita75851833:20210327115643j:image
f:id:Seita75851833:20210327115742j:image
f:id:Seita75851833:20210327115804j:image
f:id:Seita75851833:20210327115823j:image

 


f:id:Seita75851833:20210327120113j:image
  最後に象の鼻先にチップを渡します。渡していない同乗者もいましたが。


ワニや鹿、鳥類も見られます。今回で一番満足度の高かったアトラクションでした。今はコロナ禍で収入がなく象の餌代が大変なようです。😿

 

正午頃 エレファントウォッシュへ ここは街の近くなので暇があったら歩いて行けます。時間は要確認 サンセットも良 
f:id:Seita75851833:20210330150407j:image
f:id:Seita75851833:20210330150518j:image
f:id:Seita75851833:20210330150610j:image
f:id:Seita75851833:20210330150634j:image
f:id:Seita75851833:20210330150744j:image
f:id:Seita75851833:20210330150853j:image
f:id:Seita75851833:20210330150920j:image
f:id:Seita75851833:20210330150953j:image
f:id:Seita75851833:20210330151047j:image
f:id:Seita75851833:20210330151117j:image
  象に乗せてもらうにはチップが必要です。200円?

 

夕方 エレファント・ブリーディング・センター(象の保護と繁殖を目的とした施設)見学

f:id:Seita75851833:20210330151250j:image

 

夜7:00 タカリ族ダンスへ 建物の中で行なわれます。f:id:Seita75851833:20210330151442j:image
f:id:Seita75851833:20210330151513j:image
f:id:Seita75851833:20210330151538j:image

ダンスが終わって街ブラをしていると突然「ライノ(サイ)」の声が‼️‼️‼️

見るとメインストリートを一頭のインドサイがやって来るではありませんか?‼️😲😵😨🤩🤣   4回目の遭遇‼️‼️‼️‼️f:id:Seita75851833:20210330151713j:image
f:id:Seita75851833:20210330151731j:image
f:id:Seita75851833:20210330151831j:image
f:id:Seita75851833:20210330151907j:image

サイは寄り道(家の庭に入ろうとしたり)をしながらゆっくりと進みます。サイの方が街や人間を見物して楽しんでいる様です。


f:id:Seita75851833:20210330152033j:image
f:id:Seita75851833:20210330152056j:image
f:id:Seita75851833:20210330152119j:image
f:id:Seita75851833:20210330152148j:image
f:id:Seita75851833:20210330152213j:image
f:id:Seita75851833:20210330152237j:image

1時間位過ぎると私一人になりました。細い道に入ったので付いて行くと、急に向きを変えてこちらに向かって来るではありませんか😱

慌てて近くの家に逃げ込みました。それからしばらくは私一人で付いて行きましたが、バスパーク方向の暗い道に向かったのでここであきらめました。一人でなかったらまだ付いて行ってたでしょう。サイは時々やって来るようで、地元の人は慣れているみたいでした。

  夜の8:00〜9:00頃によく現れるそうです。

 

チトワン国立公園は動物の種類は少ないですが楽しめました。

安いのがなによりです。予約なしで行ってゆっくりするのも良いと思います。

f:id:Seita75851833:20210330152413j:image

  渡し船


f:id:Seita75851833:20210330152627j:image

  ダサイン祭(前回)のブランコ


f:id:Seita75851833:20210330152700j:image

 

 

 

4日目 8:30 バスでカトマンズへ帰ります。5時間位です。

朝は濃い霧がかかっていて幻想的でした。

f:id:Seita75851833:20210330153052j:image
f:id:Seita75851833:20210330153112j:image

ネパールをバスで走っていると吊り橋をよく見かけます。

バイクも渡っています。😥

f:id:Seita75851833:20210330153308j:image
f:id:Seita75851833:20210330153334j:image
f:id:Seita75851833:20210330153420j:image
f:id:Seita75851833:20210330153504j:image
f:id:Seita75851833:20210330153531j:image
f:id:Seita75851833:20210330153551j:image

畑仕事
f:id:Seita75851833:20210330153722j:image
f:id:Seita75851833:20210330153814j:image
f:id:Seita75851833:20210330153840j:image

f:id:Seita75851833:20210330154358j:image

少数民族
f:id:Seita75851833:20210330153949j:image
f:id:Seita75851833:20210330154004j:image


f:id:Seita75851833:20210330154216j:image
f:id:Seita75851833:20210330154242j:image

次回(4/16予定)はカトマンズに戻ります。総集編です。

ありがとうございました。

(7)🇳🇵ネパール 観光都市ポカラへ 2019/10/1〜 アンナプルナは見えたけど、、、

ネパール 第2の観光都ポカラカトマンズの西、206kmのところにあります。が、バスで 8時間位‼️かかります。

道路名はプリティヴィ・ハイウェイと速そうですが片側一車線の山道で、工事や事故で渋滞がよくあります。

2019/10/1 7:00 カトマンズ出発 ツーリストが多く集まるタメル地区からほど近い、幹線道路上にあるツーリストバス・パーク(ターミナル)から乗ります。

ツーリストバスと言う名前ですが、だれでも乗れます。ローカルバスより少し割高ですが、速くて便利です。バスによって値段がまちまちで、ポカラまで700ネパールルピー(約700円)位からあります。

昼食付きの高級バスもあります。

朝のバスパークには多くのバスが停まっていて、自分が乗るバスを探すのが大変です。余裕をもって行きましょう。
f:id:Seita75851833:20210315142822j:image
f:id:Seita75851833:20210315142908j:image
 

42年ぶりのポカラです。標高800m(カトマンズは1330m)で亜熱帯気候です。ツーリストの多く集まるフェワ湖近くは、ホテルやレストラン、土産物屋が多く建ち並び昔の雰囲気は無くなりました。しかし少
しはずれると、カトマンズよりのどかで空気も良くて、のんびりできます。


f:id:Seita75851833:20210313141346j:image
f:id:Seita75851833:20210313141822j:image 
f:id:Seita75851833:20210313141529j:image

  フェワ湖自体は昔からあまりきれいではありませんでした。
f:id:Seita75851833:20210313141607j:image
f:id:Seita75851833:20210313141631j:image
  中央はスナック売りです。
f:id:Seita75851833:20210313142119j:image
f:id:Seita75851833:20210313142356j:image
f:id:Seita75851833:20210313142416j:image
f:id:Seita75851833:20210313142546j:image
  土産物屋

映画の撮影をやっていました。ホースで雨を降らせ、ドラム缶で波を立てています。

f:id:Seita75851833:20210313142653j:image
f:id:Seita75851833:20210313142737j:image

天気が良いとヒマラヤ(アンナプルナ連峰)がきれいに見えます。

多くのホテルやゲストハウスの屋上から見る事が出来ますが、場所によっては見えなかったりするので、ホテル選びが重要です。

フェワ湖の南やダムサイト付近が良く見えるようです。


f:id:Seita75851833:20210313142907j:image
f:id:Seita75851833:20210313142951j:image
  左がアンナプルナIV7525m  右はアンナプルナⅡ7937mf:id:Seita75851833:20210313143559j:image

ポカラの象徴マチャプチャレ6993mです。魚の尾と言う意味で頂上が2つに分かれているらしいですが、こちらからは分かりません。

ほかの山より近くに位置するので一番高く見えます。f:id:Seita75851833:20210313143843j:image
f:id:Seita75851833:20210313143907j:image
f:id:Seita75851833:20210313143957j:image
f:id:Seita75851833:20210313144054j:image
  アンナプルナⅢ7555m
f:id:Seita75851833:20210313144353j:image
  アンナプルナ・サウス7219m


f:id:Seita75851833:20210313144541j:image
  アンナプルナ I 8091m


f:id:Seita75851833:20210313144803j:image
  右側の人の頭のところがアンナプルナ I

アンナプルナは見る事が出来ましたが、カトマンズでひいた風邪が長引いた為、トレッキングには行けませんでした。😷😿

 

10月5日 ネパールの秋の三大祭第2弾 ダサインが始まりました。

祭の始まる大分前から、広場や空き地などに大きなブランコが竹で作られます。祭が終わってもしばらくは、そのままであります。f:id:Seita75851833:20210313145237j:image
f:id:Seita75851833:20210313145338j:image
f:id:Seita75851833:20210313145410j:image
f:id:Seita75851833:20210313145458j:image
f:id:Seita75851833:20210315143824j:image
f:id:Seita75851833:20210313150242j:image
  家庭のブランコ
  

昔のダサインは10日間あったそうですが、今は5日位です。商店や食堂も休みが多いので注意です。

レイクサイドから4km北の旧市街近くにある、ポカラで一番大きなヒンドゥー寺院・ビンドゥバシニ寺院に行ってみました。

祭のセレモニーが行なわれていました。皆で踊っています。

 やはり女性が多いですね。🦸💃


f:id:Seita75851833:20210313150603j:image
f:id:Seita75851833:20210313150623j:image
f:id:Seita75851833:20210313150753j:image
f:id:Seita75851833:20210313150826j:image
f:id:Seita75851833:20210313150903j:image

結婚式や新郎新婦のお参りもありました。

f:id:Seita75851833:20210313151044j:image
f:id:Seita75851833:20210313151308j:image

 

二組目 

f:id:Seita75851833:20210313151538j:image
f:id:Seita75851833:20210313151420j:image 

 

三組目 結婚式も兼ねているようです。    

f:id:Seita75851833:20210313151743j:image

f:id:Seita75851833:20210313151842j:image
f:id:Seita75851833:20210313152036j:image
f:id:Seita75851833:20210313152128j:image
  参列者
f:id:Seita75851833:20210313152441j:image
  手に持っているエアーメールの封筒は祝儀袋です。
f:id:Seita75851833:20210313152752j:image

 

お寺巡り

このお寺の御本尊、戦いの女神ドゥルガーです(建屋の中) この祭ダサインはこの女神の勝利のお祝いも含まれているようです。

f:id:Seita75851833:20210313153150j:image
f:id:Seita75851833:20210313153327j:image
f:id:Seita75851833:20210313153405j:image
f:id:Seita75851833:20210313153459j:image
f:id:Seita75851833:20210313153527j:image
f:id:Seita75851833:20210313153609j:image
f:id:Seita75851833:20210313153636j:image

2日目、3日目は静かでした。

 

10月8日 ダサイン メインの日

皆んな額に大きなティカ(祝福の赤い印)をもらい、髪に大麦の穂(葉)を飾ります。ビンドゥバシニ寺院に行ってみましたが、今日は何もやっていませんでした。家庭で祝うもののようです。

f:id:Seita75851833:20210313153818j:image

f:id:Seita75851833:20210313153926j:image
f:id:Seita75851833:20210313154017j:image
f:id:Seita75851833:20210313154201j:image
f:id:Seita75851833:20210313154248j:image

f:id:Seita75851833:20210313154414j:image
f:id:Seita75851833:20210313154454j:image

ネパールでは祭に博打がつきものです。子供もやっています。🤑f:id:Seita75851833:20210313154807j:image

f:id:Seita75851833:20210313154647j:image


ポカラ散歩 ポカラ旧市街

f:id:Seita75851833:20210313155226j:image
f:id:Seita75851833:20210313155334j:image
f:id:Seita75851833:20210313155402j:image
f:id:Seita75851833:20210313155437j:image

f:id:Seita75851833:20210313155552j:image

フェワ湖郊外 街から少しはずれると農村風景になります。f:id:Seita75851833:20210313155828j:image
f:id:Seita75851833:20210313155855j:image

 

水くみ場
f:id:Seita75851833:20210313160044j:image
f:id:Seita75851833:20210313160108j:image

 

川で洗濯 

f:id:Seita75851833:20210313160507j:image
f:id:Seita75851833:20210313160414j:image

f:id:Seita75851833:20210313162046j:image
f:id:Seita75851833:20210313162128j:image
  水牛



フェワ湖近くのホテルでちょっと豪華な結婚式がありました。 

民族音楽と民族ダンス


f:id:Seita75851833:20210313161335j:image
f:id:Seita75851833:20210313161029j:image
f:id:Seita75851833:20210313161051j:image
f:id:Seita75851833:20210313161140j:image
f:id:Seita75851833:20210313161205j:image
f:id:Seita75851833:20210313161230j:image
f:id:Seita75851833:20210313161248j:image

f:id:Seita75851833:20210313161616j:image
f:id:Seita75851833:20210313161638j:image
f:id:Seita75851833:20210313161726j:image

仲良くなったドーナツ屋の子供達 ドーナツ1個10円 水牛のミルク1袋(500ml?)60円 ミルクは字のごとく水っぽかったです。


f:id:Seita75851833:20210315145338j:image
f:id:Seita75851833:20210315145412j:image
f:id:Seita75851833:20210315145434j:image
f:id:Seita75851833:20210315145504j:image

近くの長屋
f:id:Seita75851833:20210315145747j:image

子供達
f:id:Seita75851833:20210315145945j:image
f:id:Seita75851833:20210315150049j:image
f:id:Seita75851833:20210315150108j:image
f:id:Seita75851833:20210315150136j:image
f:id:Seita75851833:20210315150158j:image

次回(4/1予定)はネパール・チトワン国立公園です。

   サイが街にやって来た!!‼‼‼

ありがとうございました。